Fusion360のスカルプト平面デザイン性能

オートデスクからリリースされている、破格のライセンス料金(月額5400円程度~)の高機能3次元CADのFusion360は、無料ダウンロードから1年間無料(条件有り)に加えて、低スペックPCでも動作できるだけでなく、高いデザイン性能を合わせ持つ。その高いデザイン機能をもたらす「スカルプト」のモデリング機能で遊んでみました。 スカルプトモデリン機能には、立方体やパイプ形状、ボール状の形状…

続きを読む

Fusion360の引っ張るフォームモデリング

「無料から始められる」という話題の3D CADでありながらも、可能性を秘めた機能の中には、 サーフェスモデルのような3Dモデルを「引っ張る」フォーム機能も備わっている。 Solidworksのモーフィング機能に似ているが、操作方法は描画可能な「矢印を引っ張る」という制限によって、 逆に「使い易さ」を感じる。 使用方法はいたってシンプルで、モデリング画面から「フォーム」アイコン…

続きを読む

Fusion360で板金の厚み編集のやり方

「無料」、「低価格ライセンス」、「高機能」という話題を搭載するFusion360。 無料から始められるFusion360の登場で、2D-CAD設計から3D-CAD設計への移行はより身近になったと思います。 それは、Autodesk(オートデスク)のHPにアクセスしてパソコンに無料ダウンロードすれば、すぐに3D-CADライフが始まるのですから。 「無料」で始めても、シートメタ…

続きを読む

Fusion360のロフト機能に触れる

無料ダウンロードと革命的なライセンス価格(月額5400円程度~)というアピールと、 CAD/CAMにレンダリングという高機能を搭載する「Fusion360」。 その「ロフト機能」に触れてみました。 手順はSolidworksやInventorのように、基準平面を「オフセット平面機能」を使って、平面をコピーします。 そして作成した平面に、スケッチ平面を作ってそれぞれに補間し…

続きを読む

Fusion360で板金展開

無料から始められるFusion360ですが、SolidworksやInventorにあるような板金(シートメタル)機能も搭載されています。 この機能を使用すると、板金を折り曲げるモデリングができるだけでなく、その板金モデルを展開(フラットパターン)することまで可能になります。 無料(で始めて)、低価格ライセンス(将来的には月額5400円程度~)、さらに高機能という言葉がピッタリあ…

続きを読む

Fusion360で画像を取り込みトレースする方法

「Fusion360」にハマりました。 SolidworksやInventorに慣れ親しんだ私も「無料から始められるFusion360」には驚かされます。 2Dスケッチに画像を挿入して、それをトレースして3次元で押し出す作業を「Fusion360」で行ってみました。 今回使用したロゴは直線スケッチで描ける「IKEA」のロゴです。 ちなみに、IKEAはスウェーデンに本社…

続きを読む

Fusion360にSolidworksデータをインポートする方法

「無料(から始められる)」と「高機能」というフレーズで注目を集める、オートデスク社の3次元CAD「Fusion360(フュージョン・スリーシックスティ)」。 その操作性はさておき、SolidworksやInventorなど生データを取り込むことができるのだが...、 他のCADデータを取り込む方法は簡単で、Fusion360を起動したら、画面左上にある「データパネルボタン」を…

続きを読む

Fusion360使いにくさの壁

オートデスク社がチカラを注いでいる3次元CAD「Fusion360(フュージョン・スリーシックスティ)」。 「無料」から使用できるというメリットに加えて、 インターネット環境さえ必須だが、低スペックPC、モデリング機能、アセンブリ機能、レンダリング機能、CAM対応機能...、 将来的には月額5000円代~使用可能...など、そのシェアの拡大と大きな可能性を秘めた魅力あるソフトの一つ…

続きを読む