Solidworksの仮想空間でサーフェスをトリムする


曲線を得意とするSolidworksの3次元仮想空間上では、作成したサーフェスモデルを延長したり、投影したスケッチでトリムすることが可能です。上面図、正面図、側面図などの3面図から曲線を、3次元仮想空間に投影して作成したカーブとカーブを補完してサーフェスモデルを作成したら、どのサーフェスモデル面を2次元スケッチでトリム(カット)することができます。

実際にSolidworksを使用して感じる点は、サーフェスモデルにしても、ソリッドモデルンミしても、2次元スケッチから3次元モデルに押し出したり回転する際など、本当に良く2次元スケッチを認識してくれるという点でしょう。他のCADではSolidworksほどに2次元スケッチを認識する際に補助線を作成するなど、少し工夫が必要になる場合があります。また、ソリッドモデルのフィレット(R面取り)でも、良く認識してフィレットが行えるという点も優れていると言えるでしょう。Solidworksの曲線や曲面機能のスムーズさには、本当に驚かされますし、ストレスも感じることはほとんど無いでしょう。

Solidworksの3次元仮想空間上で、曲線や曲面モデリングを満喫して楽しみましょう。
↓サーフェスをトリムする動画