Fusion360で板金の厚み編集のやり方


「無料」、「低価格ライセンス」、「高機能」という話題を搭載するFusion360。

無料から始められるFusion360の登場で、2D-CAD設計から3D-CAD設計への移行はより身近になったと思います。

それは、Autodesk(オートデスク)のHPにアクセスしてパソコンに無料ダウンロードすれば、すぐに3D-CADライフが始まるのですから。

「無料」で始めても、シートメタル(板金)モデリング機能がFusion360には備わっています。

線や曲線だけが集まった2D-CADでも、操作する人のスキルによって、もちろん板金設計は可能です。

でも1度、設計し終えた部品の「厚み」を「変更」という条件が加わったら、専用ソフトでない限り、
2D-CADではまた初めから「描きなおし」ということになるのですが...、
3D-CADでは「厚み」というパラメータを変更するだけで、モデルの設計変更は終わります。

Fusion360でもシートメタル(板金)モデルに「厚み」というパラメータがあります。

あとはそのパラメータを見つけ出して、数値を打ちかえれば、「厚み」が変更されたモデルが出来上がります。

2D-CADは単なるドラフターですが、3D-CADは厚みが変われば重さも変わり、さらには強度も変わるのです。

Fusion360なら、さほどハイスペックなPCを必要とせずに、まずは無料から始めることで、設計は変わります。

↓Fusion360でシートメタルの厚みを変更する動画


Fusion360をインストールしたPCスペック(Solidworks2015が動作するのでハイスペックです)

カスペルスキー セキュリティ



"Caty Channel in English" is expanding!