Fusion360で板金展開


無料から始められるFusion360ですが、SolidworksやInventorにあるような板金(シートメタル)機能も搭載されています。

この機能を使用すると、板金を折り曲げるモデリングができるだけでなく、その板金モデルを展開(フラットパターン)することまで可能になります。

無料(で始めて)、低価格ライセンス(将来的には月額5400円程度~)、さらに高機能という言葉がピッタリあてはまると思います。

今回は、簡単な板金の「箱」をモデリングして、それを展開してみました。

↓Fusion360で板金展開する動画


さて驚かされるFusion360ですが、SolidworksやInventorのようなミドルレンジCADに比べて、
3次元に関する部分の機能は、まだまだ「どれほど近づけるのか?」といった具合ですが...、

これが先のCADとFusion360が同価格だとしたら、残念ながらその機能に満足はできないのですが、

Fusion360の「無料」、あるいは「低価格ライセンス」という費用対効果のコストパフォーマンスを考えたら、
圧倒的にFusion360に分があると思います。

これこそがFusion360がクリエイターたちの人気を集める大きな理由だと思うのです。

モデリングに関しても、まだまだ様々な方法を探して楽しむことができそうですが、板金機能も搭載しているのは...驚きです。

無料でダウンロードすれば、あなたのPCにも、すぐに3Dモデリング環境がやってきます。

インストールしたPCスペック






"Caty Channel in English" is expanding!