Soliworksには無いInventorの線形パラメトリック解析機能


現在の3次元CADは、モデリングツールという枠を超えて、設計する為のデザイニングツールと言えます。

その機能の一つとして、設計した部品強度を数値で知る事ができる静応力解析などの線形解析は、エンジニアが扱う大きな武器の一つと言えるでしょう。

SolidworksもInventorも、静応力解析で求められた応力の収束グラフ機能があって、その解析の信頼性評価を目安として知ることはできるのですが、Solidworks Premiumを使用していて、時々あったら良いなと思う機能がInventor Professionalに搭載された「パラメトリック解析機能」です。

これは、部品モデルの寸法を「パラトリック値」として数字を入力するだけで複数の解析を一回の設定で行えるという、とても時短に役立つ便利な機能です。

例えば、最も軽くて必要な強度を備えた部品は、いったいどんな寸法かな?と思うときに、Inventorのパラメトリック解析機能を使うと、与えた数字モデルの中から、軽くて強度のある最適な部品寸法を知ることができるという便利な機能です。

この「パラメトリック解析機能」が無いと、解析で比較したいモデルの数だけ、モデルをデザインする必要が生じますので、数字としてパラメータを与えられるという機能は、結構、革新的です。

とは言え、Inventorのパラメトリック解析にも不満が残ります。アセンブリではパラメトリック解析が行えないのです。

部品単品の解析では、アセンブリ解析に比べ、モーメントが十分に発生しないなど、得られた結果に含まれる誤差が大きくなる場合が生じます。

ヨーロッパ系のsolidworksと、アメリカ系のInventorの進化は日進月歩ですが、ユーザーにとってより良い機能を持った次なる進化を期待しています。